新着情報

2014/4/1 ホームページオープン

茅原のトンド

 国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選択され、奈良県指定無形民俗文化財にも指定されている「茅原のトンド」は、小正月の日に修験道で有名な吉祥草寺の境内で行われます。
 近隣の茅原、玉手の2つの区から数多くの人が寄り合い、青竹や藁、茅など古くからの材料を持ち寄り、高さ6メートル、幅3メートル、重さ約700キロもの「トンド(大松明)」を雌雄2基作りあげ、 毎年1月14日の晩に、これを燃やす勇壮な行事です。
 トンドはその年の豊凶を占う行事でもあり、吉祥草寺を中心に御所市内各地で大小さまざまなトンド行事が行われ、御所の文化として根付いています。
とんど写真